採用適性検査
採用適性検査

採用適性検査 CUBICとは?

人こそが企業発展の要です。
 どういった人材が自社にとってプラスとなるか、自社で活躍できるか、しっかりと見極めることが非常に重要です。
  人には様々な個性があり、能力、性格にも特徴があります。そして各人がその特性に応じて、自分に適した分野の仕事を受け持つことが、本人にとっても組織にとっても望ましいことです。
 しかし、人の性格や能力を知ることは難しく、ましてや採用場面の僅かな時間の面接では 十分に理解することはできません。

当事務所は、「CUBIC」という採用適性検査・組織診断システムを使用し人材適性検査を行うことで、応募者の適正を見抜き、内面を分析し、企業と人材のミスマッチを防ぎ、採用におけるリスクを極力減少させることができます

採用におけるリスクとミスマッチ

採用リスクとミスマッチにはどのようなものがあるでしょうか?
1.入社後にミスマッチが判明する
・優秀な人財と判断して採用したが、続かず辞めてしまった。
・今の仕事ぶりが優秀なため別の仕事を任せたら能力が発揮できなくなってしまった。
・面接での評価・印象は良かったので採用したが、期待ほどではなかった

優秀な人材=自社で活躍 という勘違いからのミスマッチ

2.人を短時間で見極める
・有名大学卒業 ⇒ 頭の良い人物だろう・・・入社したらきっと活躍するに違いない。
・一方で ⇒ 大学を出ているが思ったように活躍してくれない・・・
・または ⇒ 頭は良いが協調性がない・・・
・一点だけ気になったことがあり、全体としての評価を低くしてしまう。
・自分と同じ大学の人物を高く評価してしまう。 etc.etc.・・・

このような面接採用時におけるエラーによる採用リスク
3.企業には独自の風土が存在する
企業には独自の風土・文化があり
、なじめないと定着化しにくく、孤立し転職という選択をとることになります。一方、社風を追い風にして社内の協力を得た人材は高いパフォーマンスを発揮することができることになります。
同じ営業職でも会社が違えば求められるハイパフォーマー像も異なるというミスマッチ

これらのミスマッチが発生した採用は会社、社員双方にとって不幸なことです。
そこで採用適性検査・組織・人材診断システム「CUBIC」をおすすめします。

CUBICとは

 採用適性検査/組織・人材診断システム「CUBIC」は、短時間のテストで個人の資質を多面的に把握し、採用判定等の際の客観的資料を作成します。新規採用時はもちろん、現有社員の現状把握や社内データ蓄積の意味でも利用価値の高いツールであり、個人特性分析と基礎能力検査の2側面からの適性診断・適性検査が可能です。

▼ なにを測定しているのか?

 

比較的変化しにくく、職務行動の土台となる資質を測定します。
気質・記憶、社会性、欲求傾向、知的知能など個人にかかわる分野と組織に対するコミットメント、帰属意識・一体感、満足感、向心力などの組織にかかわる分野を予測することができます。
資質を測定することにより以下の項目を可視化・予測します。






検査・診断され可視化される項目は?

1.性格・パーソナリテイ … 成人以降はほとんど変化がみられない性格的側面を予測。
2.回答に対する信頼性 … 回答の矛盾度を測定。
3.社会性 … 経験や環境により比較的変化しやすい行動的側面を予測。
4.意欲・ヤル気 … 自身の成長などによって変化する意欲的側面を予測。
5.能力開発のポイント … 現状発揮できている部分と潜在的には持ち備えているが現状は発揮できていない部分をグラフ化。
6.適性の幅 … 順応性を測定。スペシャリストなのか、それともゼネラリストなのか。
7.心理イメージ … 性格を顔で表し、パーツごとに強弱の意味合いがあり、大まかな特徴を一目で判断可能。
8.どの職務内容が得意なのか … 一般的な職場か、または集中力、緻密さが要求される職場か、精神力が要求される職場か。適性のある職場を予測。
9.自己認知、分析は … 自己評価とCUBICでの指数とのギャップから自己に対する過大・過小評価を予測。
10.定着性・安定性、type … 個人行動が得意なのか、組織行動が得意なのか・・・会社に対する落着き度合、定着度合を測定。
11.面談を行う際のポイント … 特徴的なポイントをコメントで出力。診断に対する回答の矛盾項目、極端に高い、低い結果の検査項目を注意点として明示。



これらの個人特性分析の結果は下の結果表のように、グラフやイラストを用いた読みやすいレポートでご報告いたします。

また、人材・組織診断システム「CUBIC」
による適性診断・適性検査は採用のみに留まりません。活用法として様々なご提案をしております。

活用方法

「採用活動」
短時間ではなかなか見抜けない性格部分を客観的に評価します。また、「現状への満足度」も見ることができ、離職による損失を未然に防ぐことができます。
「チームワーク分析」
人選の段階で、同質的なチームでなく、協力的な「補完関係」を作り上げ、チームパフォーマンスを向上させます。OJTの際の上司と部下のマッチングも測れます。
「リーダー適性・職種適性」
受検者がどのようなリーダーになるのか、営業職や事務職などでどのようなパフォーマンスを発揮するのかを分析することが可能です。
「教育研修」
本人の
長所と短所が一目で分かるので、個人能力からチームワークまで、性格的な側面からもっとも効率の良い教育方法を考案する手がかりとなります。
「採用基準」
高い業績を上げる従業員の適性検査結果をもとにすることで、新入社員、中途社員を採用する際の採用基準を作成することができます。

サンプル画像

診断の種類と時間・料金

 

所要時間 料金
個人特性分析

15分

¥2,160

能力検査

60分

¥1,620


全国どこからご連絡いただいても対応できます。

  クラウド会計ソフトfreeeフリー 

 

 

事務所所在地
H&M税理士・社会保険労務士・
行政書士事務所
231-0004
横浜市中区元浜町3-23
プロスタイル横浜馬車道208号室

TEL:045-641-6500
FAX:045-330-6833




  会員向けコンテンツ
 


人事労務・助成金の情報を
毎月2回配信中!
メルマガ購読・解除
>>バックナンバー

 
 
 



記入例

労務相談室2